発毛は近い将来再生医療で実現できる

臓器や神経などの再生医療は現代では実現可能なものとして研究がされていますが、近い将来発毛もこのような医療によって実現出来る可能性が示唆されています。
毛根細胞が完全になくなっている人の場合でも、培養に成功したというデータもあり、実用化される日もそう遠くはありません。
ですから今現在育毛剤などを使って薄毛対策をしていたり、薬を服用して薄毛の改善をしている方も、将来的に再生医療で発毛させられる可能性もあるのです。
しかしこうした医療が実現できた場合でも、保険適用外の自由診療となる可能性が高いので、すべての治療費用を自費で払うことになります。
いずれにしろ根本から薄毛を解決出来る画期的な方法ですから、若はげに悩まされている方や、若い頃に比べてかなり毛の量が減ってしまっているという方も、将来の発毛の再生医療を期待することに決めましょう。
現在国内外の研究機関でそのメカニズムが解明されている傾向にあり、実用化まであと一歩という状況です。
老若男女とわず受けられる医療となることは間違いありませんので、脱毛症をなかなか治すことができなかったり、ハゲを改善したいと願っている方は、発毛の再生医療が確立されるまで待ちましょう。